ポタラ・カレッジ 20周年 記念行事

【2018年11月22日最終更新】
お陰様で、全ての行事は無事に成満しました。ありがとうございます。

平成30年秋、チベット仏教普及協会(ポタラ・カレッジ)は、設立二十周年を迎えました。小規模ながらも有意義な活動を地道に継続してこられたのは、会員・受講者をはじめ、有縁の方々のお蔭です。
このたび、設立二十周年にあたり、10月20日(土)に、記念法要を厳修し、併せてお祝いのパーティを開催致しました。
そのほか、10月上旬から11月初頭にかけて、本会会長ゲシェー・ソナム・ギャルツェン師による許可灌頂、専任講師ガワン・ウースン師による成就法解説、副会長クンチョック・シタル師による記念講演などを、二十周年行事として実施しました。御参加くださった皆様、お祝いをくださった方々に、心より篤く御礼申し上げます。

緑ターラー,(大本山デプン寺ゴマン学堂の壁画)
緑ターラー

【ゲシェー・ソナム・ギャルツェン師による許可灌頂】

1.薬師如来(七仏薬師)の許可灌頂 

10月6日(土)午後3時〜6時 【一般向の内容】

七仏薬師許可灌頂壇

 一切衆生の身心の病を癒やすことを誓願して成仏した薬師如来と結縁する許可灌頂です。御自分や家族の当病平癒・身体健全を祈ってこの許可灌頂を受法するのは善いことですが、それで得られた御利益を生かして善行を積み、大乗仏教の修行の道を進もうと心掛ける点が大切です。

2.緑ターラーの許可灌頂

10月7日(日)午後3時〜6時 【一般向の内容】
 あらゆる仏陀の衆生救済活動を一身に体現した母尊、緑ターラーと結縁する許可灌頂です。諸願成就の現世利益を祈ってこの許可灌頂を受法するのは善いことですが、その結果を生かして善行を積み、大乗仏教の修行の道を進もうと心掛ける点が大切です。

緑ターラー許可灌頂
緑ターラー許可灌頂冒頭でのゲクトル(魔除けの修法)

3.護法尊ペルデン・ラモの許可灌頂

10月8日(月・祝)午後3時〜6時 【ある程度一般向の内容】
 仏法と修行者を守護する忿怒の母尊、ペルデン・ラモと結縁する許可灌頂です。非常に強力な護法尊なので、外内の様々な障礙を打ち破り、大乗仏教の修行に精進する条件が整うなど、様々な御利益があるとされています。

ペルデン・ラモ許可灌頂
ペルデン・ラモ許可灌頂、前行として顕密共通の道を説明しているところです。

【ガワン・ウースン師による成就法解説】

4.薬師如来の成就法

10月13日(土)午前11時〜午後5時
 薬師如来の許可灌頂受法者を主な対象に、成就法略次第などの内容を分かりやすく解説し、薬師如来の本尊ヨーガや祈願法を実践指導。

5.緑ターラーの成就法

10月14日(日)午前11時〜午後5時
 緑ターラーの許可灌頂受法者を主な対象に、略次第の成就法の内容を分かりやすく解説し、緑ターラーの本尊ヨーガや祈願法を実践指導。

【記念法要と祝賀パーティ】

6.ポタラ・カレッジ20周年 記念法要

10月20日(土)午後3時〜4時30分
 本会宗教・学術顧問の吉田宏晢先生(大正大学名誉教授)と宮坂宥洪先生(智山伝法院院長)の御臨席を仰ぎ、会長ゲシェー・ソナム・ギャルツェンが導師を務め、チベット仏教普及協会(ポタラ・カレッジ)の設立二十周年記念法要を厳修しました。
 法要では、デースィル(チベット式お赤飯)とお茶の御供養の後、会長ゲシェー・ソナム・ギャルツェンが御挨拶と活動報告を述べ、引き続き宗教・学術顧問の両先生から御祝辞を賜わりました。吉田宏晢先生は、仏教のあらゆる教えを包括的に学修できる点などから、ポタラ・カレッジで学ぶことの意義を説いてくださいました。宮坂宥洪先生は、「ポタラ」が観音の浄土である点から、観自在菩薩による衆生救済の在り方と結びつけてお話ししてくださいました。
 吉田先生と宮坂先生は、今日の日本仏教を代表する高僧であり、ポタラ・カレッジにとってはまさに大恩人です。20周年記念法要に御臨席いただき、貴重なお言葉を頂戴できたのは、この上なく有難いことです。両先生の御厚意に、心より敬意と感謝を捧げます。

吉田宏晢先生
吉田宏晢先生の御祝辞

7.20周年 祝賀パーティ

10月20日(土)午後5時30分〜7時30分
 記念法要の後、近くのcafe 104.5に会場を移し、二十周年祝賀パーティを開催しました。 こちらも、お蔭様で、盛会となりました。御参加くださった皆様、本当にありがとうございます! 
 まず、会長ゲシェー・ソナム・ギャルツェンが御挨拶のスピーチをしてから、顧問の牧野聖修先生(人権財団理事長、元衆議院議員)に、乾杯の音頭をとっていただきました。牧野先生は、ダライ・ラマ法王と初めて会見されたときの御様子や、ポタラ・カレッジ黎明期のお話など、貴重なエピソードの数々を披露してくださいました。ポタラ・カレッジのような小規模な仏教団体が、20年間にわたり滞りなく活動を続けてこられたのは、先生の御助力の賜物にほかなりません。
 パーティの後半は、チベット舞台芸術研究所(TIPA)出身のアーティスト、テンジン・クンサンによるチベット伝統音楽のライブパフォーマンス ♬ クンサンさんの力強く情感に溢れる歌声と演奏は、とても素晴らしいものでした! そして、このパーティを楽しく盛り上げてくれたのが、ポタラ会員のDJ TOZAWAです ♪ 洗練されたラウンジスタイルのプレイで、リラックスして和める雰囲気になったと思います。お帰りの際、参加者の皆様には、カタ(チベットの儀礼用スカーフ)とともに、開運成就の記念品をお持ちいただきました。
会場 : cafe 104.5(カフェ・イチマルヨンゴー) JR御茶ノ水駅聖橋口から徒歩約3分
 東京都千代田区神田淡路町2-101 ワテラスタワー2階 TEL.03-3251-1045

TENZIN KUNSANG
TENZIN KUNSANG ライブパフォーマンス(photo:M.Miyoshi)

【クンチョック・シタル師による記念講演】

8.ツォンカパ大師の教え 思想と実践

11月3日(土・祝)午前11時〜午後5時 【一般向の内容】
 チベット仏教を集大成したゲルク派宗祖ツォンカパ大師の教えについて、思想哲学と実践修行の両面から、その特色を分かりやすくまとめて解説。顕密共通の主著『菩提道次第(ラムリム)』や密教の主著『真言道次第(ガクリム)』をはじめ、重要な著作を幾つか紹介しながら、中観帰謬論証派の見解とグヒヤサマージャ(秘密集会)聖者流の行法を頂点とする極めて壮大な教学体系を概観しました。

a:1389 t:4 y:17