【2020年7月29日最終更新】

新型コロナウイルス対策のための特設ページ

会員・受講者の皆様
 
 ポタラの講師陣は皆元気ですから、御安心ください。

2020.5.19 
左から、ガワン・ウースン師、ゲシェー・ソナム師、クンチョック・シタル師

 新型コロナウイルスの流行が再び懸念される状況が続いているため、東京センター定期講習の全面通信受講方式を、当初の予定より1週間延長し、8月6日(木)まで継続します。この期間、教室での講義はありませんので、御注意ください。詳しくは、すぐ下の1番を御覧ください。

1.東京センターの定期講習 NEW!

 御承知のとおり、7月に入って再び、新型コロナウイルス感染症の流行状況が悪化してきました。東京を中心とした感染者数の増加は、3月・4月頃とは異なる様相のものといわれていましたが、最近になって流行が社会全般に広まっている傾向も見られ、東京都は7月15日に警戒レベルを最大へ引き上げました。
 こうした状況に鑑み、ポタラ・カレッジでは、東京センターの定期講習を、7月17日(金)から再び全科目通信講義へ切り替えています。期間は、当初の予定より1週間延長し、7月30日(木)までの3週間とします。この間、教室での講義はありませんので、御注意ください。
 8月7日(金)から20日(木)までの2週間は、夏季休講となります。夏季休講期間中に特別講習・集中講座を実施するかどうかは、状況を勘案しつつ検討してゆきます。
 今後の推移を見ながら、もし状況が幾分改善されれば、夏休み明けの8月21日(金)から、教室での講義を再開したいと思います。その場合でも、全ての科目で通信受講を併用できる点は、今までと変わりません。

 ポタラ・カレッジは、小規模な団体の利点を生かし、臨機応変かつ身軽に、全科目通信講義と教室での講義を、何度でも円滑に切り替えられるような態勢を整えています。それにより、新型コロナの流行状況がどのようになっても、仏教の学修を続けられるようにしたいと思います。
 受講者の皆様には、お手数をかけて恐縮ですが、各自必要に応じて、トップページの「新着情報」欄やこの「新型コロナ対策」のページをチェックしてくださるようにお願い致します。

(1)教室での講義が再開されたときの感染防止対策
体調がよくないとき(熱がある、強い頭痛がする、激しい咳がでる、極度の倦怠感がある、息切れがする、味覚や嗅覚に異変があるなど、普段と異なる症状が感じられるとき)は、教室への出席を見あわせてください。通信受講の対応が常時可能です。
② 入室時に、非接触型温度計で検温し、37.5℃を超えている場合は、御参加を見あわせていただきます
入室時に、手指の消毒をお願いします。
④ 教室内では、常時マスクを着用してください(お持ちでなければ支給します。なので、もし出かけるとき着け忘れていても大丈夫です)。
⑤ 受講者用の長机は、各クラスごとに消毒します。
⑥ 長机には、お1人か、多くても両端に2人掛けとし、3人掛けは避けてください。
⑦ 講義中の講師は、マスクの着用が困難なため、その代わり講師机に透明アクリル板を設置してあります。これは、受講者席への飛沫を防止する、つまり受講者の方々を守ることが主な目的なので、不格好ですけれど御理解いただければと思います。
⑧ 入口のドアは、講義中原則として常時開放します。入口、給湯室、お手洗いのドアノブ等は、定期的に消毒します。

(2) 通信受講の方法
講義を録音した音声ファイル(MP3形式)を、次の①~④の方法で提供します。MP3は汎用性の高い音声データで、パソコンや多くのCDプレーヤーで再生可能です。但し、音楽用のCDとはデータ形式が異なるため、一部のCDプレーヤーでは再生できないこともあります
併せて、各科目の必要性に応じ、テキスト、資料、画像、講師のメモ書き(板書に相当)、動画なども提供します。
① CD-Rディスクに2週間分のMP3音声データを入れ、資料等とともに、原則月2回郵送します。
② 御自分で用意したUSBメモリを当方へ郵送していただき、それにMP3音声データを入れて、資料等とともに返送することもできます。やり取りする頻度は、受講者のペースで自由にできます。
③ 大容量ファイル転送サービスを利用し、MP3音声データを毎週ダウンロードできるようにします。ダウンロードを案内するメールに、資料等は添付します(大きいものは、別途郵送します)。これは、4月の補講期間に一部科目で試行し、5月から正式に実施する方法で、①や②より早く録音等を入手できます。
④ 上記3つの方法で対応しにくい方は、メールで御相談ください。なるべく個々の御事情に配慮し、柔軟に対応したいと思いますので、遠慮なくおっしゃってください。
 

2.大阪教室の定期講習

 実施日と会場が再変更となりました。
 会場は、今期に限り、2月までと同じ應典院大阪市天王寺区寺町1-1-27)で暫定的に実施します。
 実施日は、7月12日(日)、8月23日(日)、9月6日(日)、9月13日(日)の4回です。変則的になりますが、すべて日曜で時間は従前どおりです。
 受講者の皆様には、たびたびの変更で、大変申し訳ございません。実施日変更のために出席できなくなった方へは、録音を提供するように致します。
 講義内容など、詳しくはこちらを御覧ください。

3.東京センターの集中講座

 2月23日(日・祝)・24日に予定されていた「上師供養儀軌解説Ⅳ」の2日めと3日めの講義、及び3月下旬と4月に予定されていた「上師供養儀軌解説Ⅴ」と「量評釈第一品の要点」(インターネットでは未発表)は、夏以降の機会に実施できるように検討します。この特設ページや「特別講習・集中講座」のページ等でお知らせします。

4.東京センターの法要

 7月26日(日)の「定例法要」は、残念ですが中止と致します。

トップページ

a:3037 t:3 y:5