チッタマニ・ターラー尊成就法

ゲシェー・ソナム・ギャルツェン・ゴンタ、小野裕子 著
ポタラ・カレッジ チベット仏教叢書9

チッタマニ・ターラー尊成就法

著者による紹介文

ターラー尊はチベットでは在家や出家を問わず、広く信仰されゲルク派寺院の守護尊となっています。
日本においても、ターラー尊に祈願したことにより逆境から救われたという話が、チベット仏教を信仰する人々からよく聞かれます。このようにターラー尊は活動の本尊であり、またその活躍も速疾であるため、仕事や修行において頼るべき本尊だといえます。
本書はこのターラー尊の一般的な経と、チッタマニ・ターラー尊の成就法という特別な秘奥を収録したものです。
第Ⅰ部の「一般向きターラー尊の経」はどなたでも読経できるターラー尊の一般的な経を編纂するとともに、時間がない場合でも誦えられる二種の略次第も編纂しています。
日々ターラー尊への祈願を習慣にして誦えることはもちろん、逆境時において誦えてもターラー尊の加持力を必ず得ることと思います。また、チッタマニ・ターラー尊の灌頂をまだ受けていない人は、このターラー尊への祈願を真摯におこなえば、ターラー尊の加持力により希望を速疾に成就できることでしょう。
第Ⅱ部の「灌頂受法者用 チッタマニ・ターラー尊の成就法」は、2016年大阪でダライ・ラマ法王からチッタマニ・ターラー尊の灌頂を受けた人々をはじめ、チッタマニ・ターラー尊の灌頂を受けた人のために書かれたものです。チベット語原文を忠実に和訳した「成就法儀軌」とその解説である「成就法解説」から構成されており、チッタマニ・ターラー尊の成就法という秘奥を実践的に著した他に類のないものとなっています。チッタマニ・ターラー尊の教誡は「甚深」、「速疾」、「平易な実践」、「効果的な偉大なる加持力」という四つの特長を具え、正しく実践すれば他の成就法と異なり容易かつ疾速に至当な体験を得ることができるといわれており、日々の修行に非常に役立つと思います。

戻る

a:396 t:2 y:4