POTALA COLLEGE

བཀྲ་ཤིས་བདེ་ལེགས། タシーデレチベット語で「こんにちは」
ようこそ、ポタラ・カレッジへ

チベット仏教普及協会(愛称:ポタラ・カレッジ)は、ダライ・ラマ法王直系の正統なチベット仏教を学び実修する拠点として設立された、日本で最初の本格的なチベット仏教の団体です。
このホームページは、チベット仏教普及協会の公式サイトです。本会が主催する定期講習や集中講座の御案内、高僧による灌頂や伝授のお知らせ、出版物の御紹介などを行ないます。



新着情報

3/29~ 通信受講での講習再開と大阪教室の再延期 2020.3.27掲載

 3月26日(木)に、新型コロナウイルス対策の臨時役員会を実施しました。ポタラ・カレッジ講師陣は、引き続き皆元気ですから、どうか御安心ください。臨時役員会では、次の4点を決めました。
 ① 3月29日から再開する東京センターの定期講習を全て通信受講で実施する。
 ② 来期の東京センター定期講習は5月18日(月)から開講する。
 ③ 3月の大阪教室(3/29)は一旦中止して5月に延期する。
 ④ 4月の定例法要(4/26)は中止する。
通信受講の方法など、詳しくはこちらの特設ページを御覧ください。

チベット暦正月 2020.2.24掲載

 ༄༄།། ནམ་ལོ་གསར་ལ་བཀྲིས་བདེ་ལེགས་ཞུ །།

 本日2月24日は、チベット暦2147年の元日です。
 新年「ロサル」を迎え、チベットの人々が平和で幸福な生活を送れるよう、心からお祈り致します。

1/13 新春特別講習 インド仏教の八大祖師 2019.12.25掲載

 チベット仏教の源流となるインド大乗仏教の伝統は、主にナーランダ寺の法流に属する大祖師たちによって確立されたものです。その中でも古くからお名前をあげられているのは、ナーガールジュナ(龍樹)をはじめとする八大祖師です。今回は、教主釈尊とこれら八大祖師たちの功徳を称える祈願文「カーニャムマ」に沿って、八大祖師の偉業を概観します。詳しくは、こちらを御覧ください。

12/21 ツォンカパ大師御縁日 記念講演と大法要 2019.12.8掲載

総本山ガンデン寺宗祖霊廟

 チベット暦の10月25日(今年の場合、新暦12月21日)は、「ガンデン・ガチュー」といい、ゲルク派宗祖ツォンカパ大師の御縁日とされています。ツォンカパ大師は、チベット仏教史上随一の大学僧・大聖者として数々の偉業を成し遂げ、1419年10月25日に示寂の理趣をお示しになりました。
 特に今年は、ツォンカパ大師の600年御遠忌にあたる節目の御縁日なので、ポタラ・カレッジ東京センターでは、12月21日(土)午後記念講演を実施してから大法要を厳修します。詳しくは、「2019年の特別講習・集中講座」と「法要の御案内」のページを御覧ください。

11/23 特別講習 「現観荘厳論」第八分の概観 2019.11.12掲載

 『現観荘厳論』の末尾を飾る第八分を紐解きます。『現観荘厳論』は主に修道論を説くものですが、この第八分は修道の果である仏陀の境地を、自性身・智法身・報身・応身という四身の枠組みで説き明かしています。それゆえ、今回だけ受講しても、まとまりのある内容を学ぶことができると思います。詳しくは、こちらを御覧ください。

10/21~ 秋からの定期講習 2019.10.1更新

秋からの定期講習の御案内ページをアップしました。こちらを御覧ください。

東京センターの来期定期講習は、10月21日(月)から始まります
新規開講は、次のとおりです(他は、現行の内容で継続します)。
『現観荘厳論』、『宝性論』、『空七十論』など、仏教の思想哲学について深く学べる本格的なコースが揃っています!!

ラサ・ガンデン寺 弥勒菩薩

1.弥勒菩薩「現観荘厳論」
 月曜 午後6時30分~8時 ガワン・ウースン担当 【通信受講併用】
 チベット仏教の僧院教育で最も重要な課題の一つ、『現観荘厳論』を読み解きます。『現観荘厳論』は、『般若経』の行間に隠れた意味内容(五道・十地の修道論など)を、弥勒菩薩が説き明かした聖典です。今回は、リメー(無宗派)の法流に属するジャムヤン・ロテル・ワンポの註釈に基づいて解説します。定期講習で『現観荘厳論』全篇を詳説すると、普通は5年ぐらいかかるけれど、本コースでは比較的簡略な註釈書を用いるため、2年程度で完結できると思います。

2.弥勒菩薩「宝性論」
 火曜 午後6時30分~8時 ガワン・ウースン担当 【通信受講併用】
 弥勒菩薩が仏性(如来蔵)などについて説き明かした『究竟一乗宝性論』を、ツォンカパ大師の直弟子ギェルツァプ・ジェによる註釈に基づいて解説します。仏性思想という一つの立場だけではなく、仏陀の境地の在り方(四身、十二相、etc.)について学ぶのにも、大変適した機会です。密教の本尊瑜伽は、仏陀の立場から修習することなので、 仏陀の境地の在り方を正しく知るのはとても重要です。

3.ナーガールジュナ「空七十論」
 木曜 午後6時30分~8時 クンチョック・シタル担当 【通信受講併用】
 ナーガールジュナ(龍樹)が中観哲学について説き明かした六論書の一つ、『空七十論』を読み解きます。六論書の中でも、主要なものは三つで、『中論』が空性、『六十頌如理論』が縁起を主に説いているのに対し、この『空七十論』は中観思想に基づいて因果関係を説いている点が特色といえるでしょう。中観哲学を学びたい方にお奨め!

4.瞑想教室 三十七菩薩行
 日曜 午後3時15分~4時45分 ゲシェー・ソナム・ギャルツェン担当
 ギェルセー・トクメー・サンポの『三十七菩薩行』を平易に説明したうえで、教えの内容を体得するために瞑想を実修します。自分の心を少しづつ菩薩の利他心に近づけていく修行を実践指導。初心者の方にもお奨めです!

5.前行道場 グルヨーガ
 日曜 午後5時~6時30分 ゲシェー・ソナム・ギャルツェン担当
 入門的な四種の修行のうち、この半年は、ラマの加持を得るための行法「ガンデン・ラギャマのグルヨーガ」を実践指導。

6.ラムリムの概略 ユンテン・シルキュルマ
 通信受講専用コース ガワン・ウースン担当
 ツォンカパ大師御自身が「ラムリム」の要点を凝縮して読誦用の儀軌にまとめた「ユンテン・シルキュルマ」を平易に解説。初心者の方にもお奨め!

大阪教室 午前11時~のクラス、10月からは「真言道次第広論(ガクリム・チェンモ)第十一品 無上瑜伽タントラ総論」です。生起次第・究竟次第の総論的な解説が主なテーマとなります。

2019GW 密教伝授の記録ページ 2019.6.9掲載

ツォンカパ大師600年御遠忌を記念して実施した「2019年GW 密教伝授」の保存版記録ページが完成しました。こちらです。

ポタラ・カレッジ 20周年 記念行事 2018.11.22更新

平成30年秋、チベット仏教普及協会(ポタラ・カレッジ)は、設立二十周年を迎えました。大変小規模ながらも有意義な活動を地道に継続してこられたのは、会員・受講者をはじめ、有縁の方々のお蔭です。
このたび、設立二十周年にあたり、10月20日(土)に、記念法要を厳修し、併せて祝賀パーティを開催致しました。
そのほか、10月上旬から11月初頭にかけて、本会会長ゲシェー・ソナム・ギャルツェン師による許可灌頂、専任講師ガワン・ウースン師による成就法解説、副会長クンチョック・シタル師による記念講演などを、二十周年行事として実施しました。
詳しくは、こちらの保存版ページを御覧ください。

リン・リンポチェ猊下結縁御法話成満 2018.7.12掲載

リン・リンポチェ七世猊下

ギャプジェ・ヨンズィン・リン・リンポチェ七世猊下が、7月9日にポタラ・カレッジ東京センターへ御来臨なさり、結縁の御法話「ラムリムの概要」をお授けくださいました。そのときの御様子を紹介する保存版ページをアップしたので、御覧ください。こちらです。
リン・リンポチェ七世猊下は、ダライ・ラマ十四世法王猊下の第一の恩師である先代リン・リンポチェ六世猊下の生まれ変わりとして、現代チベット仏教界で最高位の転生活仏のお一人と位置づけられています。

ガワン・ウースン師の共訳書「倶舎論註」刊行 2017.9.4掲載

全訳 ダライ・ラマ1世 倶舎論註解脱道解明』(現銀谷史明/ガワン・ウースン・ゴンタ 訳、起心書房)が9月末に刊行される予定です。通仏教的な基礎学として有名な『倶舎論』を学ぶのに、大変役だつ一冊です。詳しい情報は、出版元のサイトを御覧ください。こちらです。

2017春の密教伝授の記録ページ 2017.5.16掲載

大阿闍梨チャト・リンポチェ猊下

大阿闍梨チャト・リンポチェ猊下(ギュトゥー寺前僧院長)をお招きして4月に実施した「2017年春の密教伝授」の保存版記録ページをアップしました。こちらです。

「入菩薩行論」和訳本の頒布 2016.5.25掲載

入菩薩行論

ダライ・ラマ法王猊下の来日御法話のテーマとなった『入菩薩行論』の和訳図書を、ポタラ・カレッジで頒布しています。こちらを御覧ください。
2016年5月の法話会場で配付された日本語テキストは、この図書の内容の一部を、翻訳者と本会の了承を得て複写・製本したものです。



auto-IJQW0g.jpg 教理の説明が豊富なポタラ関連サイト。左のバナーで開きます。

a:177016 t:12 y:81